THE NATURE AQUARIUM

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

アクアリストが報われる日。 レギュレーターレポート。

2010/11/05(Fri) 23:59
こんばんは。

一気に寒くなって来ましたね。 ヒーターの作動を良く見ます。

さてさて、今回は、かなり画像を使いますが、最後まで飽きずにご覧ください^^


CIMG9262_convert_20101105223541.jpg

自分は、AIネットから新発売された、CO2レギュレーターを使っています。

このレギュレーターはスピコンが大きく、調節がしやすいと言うのが売りらしいです。

CIMG9258_convert_20101105223432.jpg

確かに大きくて、かなり簡単に調節が出来ます。

CIMG9264_convert_20101105223635.jpg

スピコンが大きいのは良いのですが、固定ネジが、スピコンに隠れるように付いていますので、流量の固定が若干やりにくかったりします^^

チューブの接続部分が白と言うのも、お気に入りです^^
耐圧チューブは黒なんですが・・・ww

ここからが本題です!

このレギュレーターを使って・・・。

炭酸水を作ります。 今回は、かなり詳しくレポートしようと思います^^

飽きずにご覧ください。

CIMG9322_convert_20101105223821.jpg

用意する物  炭酸飲料のペットボトル (出来れば1.5ℓ)
これは、後から圧力をかけますので、炭酸飲料の物を使用して下さい。

CIMG9320_convert_20101105223727.jpg

用意する物Ⅱ 耐圧チューブ 20㎝程
  
       逆流防止弁  CO2用

       ペットボトルキャップ

       耐圧チューブに入る太さの筒(エアージョイントを直線にカットした物)

CIMG9324_convert_20101105223910.jpg

用意する物Ⅲ ご存じ、レギュレーターww

CIMG9326_convert_20101105224002.jpg

まず初めに、キリでペットボトルキャップに穴をあけます。
穴の大きさは、耐圧チューブが少しキツイかな? と思う位の大きさです。

ガスが漏れるので、なるべく丁寧にあけて下さい。

CIMG9332_convert_20101105224100.jpg

あけていきます。

CIMG9336_convert_20101105224155.jpg

大体これくらいの大きさですね。

有名メーカーのマークや、耐圧チューブを参考にして下さい。

CIMG9339_convert_20101105224250.jpg

耐圧チューブに入る太さの筒を用意します。

ここでは、エアージョイントを直線にカットした物を使いました。
尚、耐圧チューブをかなりきつく穴に押し込められた(引っ張ってもキャップから抜けない)場合は必要ないです。

CIMG9341_convert_20101105224353.jpg

ジョイントを繋ぎます。

CIMG9343_convert_20101105224449.jpg

繋いだら、チューブを引っ張ってキャップに無理にでも押し込みます。
机などにキャップを押しつけて押し込んでもOKです。
とにかく、ガスが漏れなければOKです。

CIMG9344_convert_20101105224613.jpg

逆流防止弁を繋ぎます。

CIMG9347_convert_20101105224706.jpg

ペットボトルに繋いだ所です。
これで、CO2加圧機は完成です。

CIMG9349_convert_20101105224758.jpg

次に、多めの氷と容器、混ぜる「棒」を用意します。

CIMG9353_convert_20101105224850.jpg

容器の中に水(こだわる方は、森の天然水なんかを使って下さいw)を入れます。
ひたすら混ぜます。 これは、水道水の温度を下げる為です。
気体は、温度が低い程溶けやすいので、この性質を利用して、より多くの炭酸ガスを水に溶かします。

CIMG9354_convert_20101105224953.jpg

用意した1.5ℓ炭酸飲料のペットボトルに入れます。
冷え冷えです^^ 大体半分位までならOKです。

CIMG9355_convert_20101105225049.jpg

先ほどのパーツを付けます。

CIMG9358_convert_20101105225142.jpg

レギュレーターにも、対応する耐圧チューブを50~100㎝程付けておきます。

CIMG9361_convert_20101105225231.jpg

ボンベも付けます。 もちろん中身が入っている物です。
水草専用と言うのは、とりあえずスルーでww

CO2は、火力発電所などから発生するCO2を精製して、ボンベに詰めているか、醸造時に出るCO2をボンベに詰めているかの違いらしいです。

中身は全く変わりませんが、表示方法の違いらしいです。
自分は無論、水草用で飲んでいますが、死んでませんww
気になる方は、食品添加用か、ミドボンをご使用下さい。

CIMG9363_convert_20101105225328.jpg

この時、レギュレーターのスピコンは全開にしておきます。

CIMG9365_convert_20101105225423.jpg

レギュレーター側と、加圧機側のチューブを繋ぎます。

CIMG9366_convert_20101105225515.jpg
レギュレーターを開け、CO2を注入します。
尚、水草用は、圧が低いので、全開で注入しても、ペットボトル内がレギュレーターの設定圧力に到達すると、勝手に止まるので、気にしなくても良いです。

スピードレギュなど、圧力設定の出来るレギュは、圧力設定を半分くらいにして下さい。

先ほどの冷え冷え水に、CO2が充填されています。

充填しながら、ひたすらシェイクします。 大体1分くらいです。
レギュを解放して、ガスを送りながらシェイクする訳は、水に溶けたガスの分だけレギュからガスが新たに送られ、常にボトル内をレギュの設定圧力の最大に保っておく為です。

CIMG9368_convert_20101105225609.jpg

ボトルを逆さにして、(キャップを下側にする)一個前の写真のように泡が出ていなければ、炭酸ガスの飽和状態ですので、レギュからチューブを外します。

逆流防止弁が圧力が有るため潰れていますww
これで正常です。

CIMG9370_convert_20101105225659.jpg

完成です!
炭酸を強めにしたい方は、レギュの設定圧力を上げるか、冷蔵庫で逆流防止弁をつけたまま、一日寝かせます。

コンビニで売っている炭酸水の出来上がりです。
コストはガス代オンリーなので、かなりお得ですよ!

お酒に入れたり、かき氷シロップなどを入れたりして、オリジナルジュースをお楽しみください^^


これは、自分が独自に考案した方法です。 100%に近い安全策を取っていますが、自己責任でお楽しみ下さい^^




コンビニの炭酸水が馬鹿らしく・・・。
感動したら人気ランキングをポチッとな!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
CO2 コメント:10 トラックバック:0
コメント:
--No title--

接続はちゃんとシリコン盛りしないと漏れるかもです^^;
僕も作ってますよ~冷やさないでやると中途半端なのが出来ますw
レギュいいやつ使ってますね~ちなみに僕のは拾いものですww(マジで)いや、ビールサーバー用でちゃんと使えますw
そのレギュをミドボンに使うのであれば変換ジョイント(?)を買って付けてくださいね~グリーンズという通販で入手可能ですw
by: ☆太郎 * 2010/11/06 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

こ これは!(笑

新しいレギュレーターの使い方ですね@@
最初読んでてこれはなんのアクア記事だろうと思いましたが
炭酸飲料の造り方ですか!
自分は炭酸飲料をけっこう飲むのでこれは
素晴らしいですね@@
冷やすという所が味噌なのかな
こりゃちょっとやってみたくなりますね~!
by: 黒猫あくあ * 2010/11/06 16:55 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

こんにちは。
遊びに来て頂いた様で、ありがとうございます!
こちらからもリンクさせて頂きましたので
これからよろしくお願いしますね~!
ご近所さんみたいですね。私は鶴見区ですw
by: takaki1980 * 2010/11/06 17:33 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

こんばんは!
こんなアイディアがあったのですね~ ^^)
詳細な手順書を御苦労様です!
炭酸水って確かにCO2が混ざったものですからNA愛好家なら十分自家生産できますね!
今度やってみようかな。
by: nak24 * 2010/11/07 01:48 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

何かが始まるのかと思い最後まで読んで納得です。
うちもお酒を飲むときに炭酸水を使うのでいいなと
思いましたが多分買いに行ってしましそうですwww
by: せーらむ * 2010/11/08 12:17 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: No title--

太郎さん コメントありがとうございます。

シリコンですかぁ~無いですw 圧力をかけている時間が短い為か、漏れはしていないようです。

やっぱり作っている方居るんですねぇ^^  
ビールサーバー用の方が、圧力調節が出来るので、炭酸水製作には適しているかと・・・。

グリーンズさんは、結構有名ですよねぇ^^
by: masaki * 2010/11/12 21:34 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: No title--

黒猫アクアさん コメントありがとうございます。

レギュレーターで何かできないかなぁ~と考えていた時に思いつきました^^
そうですよねぇ~最初は意味不明ですよねぇw

黒猫さんも試してみてはいかがですか?!
ちと面倒ですが・・・。

アマノの香り着きガスボンベで作ったらどうなるんでしょうかねぇw
by: masaki * 2010/11/12 21:40 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: No title--

takaki1980さん コメント&リンクありがとうございます。

鶴見区だと、なんだか親近感が湧きますw それにしても、素晴らしい水景ですよねぇ^^
これからも宜しくお願いします^^
by: masaki * 2010/11/12 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: No title--

nak24さん コメントありがとうございます。

ふと思いついた時に、適当にやってみたら案外うまく出来てしまったんですww

そうなんですよ! 案外簡単に出来ましたw
お暇な時にでも、是非お試しあれ!

by: masaki * 2010/11/12 21:44 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: No title--

せーらむさん コメントありがとうございます。

納得していただけて、幸いです^^
炭酸水って案外高いですよねぇw

自分も面倒なので、今はたまぁ~にやる位ですww
お暇な時にでも作ってみて下さい^^
by: masaki * 2010/11/12 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://masaki74608.blog57.fc2.com/tb.php/55-8bf16d42
Next Home  Prev

Profile

masaki

Author:masaki
リンク、コメントはお気軽にどうぞ。

雑誌アクアライフに記載して頂きました。



カメラ 

Canon EOS Kiss X5

使用レンズ

Canon EFS18mm-55mm

Canon EFS55mm-250mm

Canon 50mm f1.8

当ブログの写真を使用する際は、連絡を宜しくお願い致します。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オンラインショップはこちら。
http://thenatureaqu.thebase.in

Latest article

Latest comment

Latest track back

Archives

Category

Counter

Search ブログ内検索

RSS Link

Aquarist blog Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。