THE NATURE AQUARIUM

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ソイルについてのちょっとした話と差し戻し。

2014/05/01(Thu) 17:53
IMG_0405.jpg


現在の60Pは約10ヶ月維持しています。

そうそう、"ソイルには寿命がある"と言われますが個人的な考えを書いてみます。

まず、ソイルには"科学的な寿命"と"物理的な寿命"があります。

物理的な寿命は"ソイルの粒が崩れること"ですね。

粒が無くなると低床の嫌気化、根の成長不良などがあり、良い事は無いですね。

科学的な寿命に関しては、ソイルでは陽イオン交換が行われており、そのイオン交換効果、すなわち軟水にする効果が切れるという事です。

これに関しては必要な場合は結構重要かもしれませんね。

例えば、トニナ、スターレンジ等の軟水を好む水草に関してはかなりの影響があるのかもしれません。

一般的な有茎草を生育する場合は換水、水質調整効果のある薬品ないしは流木でなんとかなるかと思います。

実際自分は特に影響を受けた覚えはありませんね。

また、ソイルにはアルミ(Al)、鉄(Fe)が含まれており水中のリン酸と化合してリン酸アルミニウム(AlPO4)、リン酸鉄(FePO4.Fe3(PO4)2)ができ、水中のリン酸を土壌に固定します。

で、上記のように固定されたリン酸は難溶体といわれ、水にとけにくくなる。

この効果により水中からリン酸が除去され、黒髪コケなどの発生を抑えるというわけ。

ちなみにリン酸固定の強さは鉄>アルミニウム>カルシウムらしい。

上記から園芸用肥料などでリン酸(P)が大量に含まれている液肥を使うとソイルの寿命が早く来ると考えられます。

ま、そんな事言いながらも自分は思い切り園芸用液肥使いますけどね。

底面フィルターでソイルに強制通水している場合、この吸着効果云々を気にする必要が出てくるかと思いますが、外部式フィルターで管理している場合、水に触れるのはあくまでソイル表層部で低床深部まで十分な水が対流しているかと言われると疑問なわけで。

そんなこんなで自分はソイルは粒が無くなってきた"物理的な寿命"を迎えた時に交換するようにしています。

で、その両方を迎えようとしている60P。

IMG_0395.jpg

ソイルの養分が弱くなったのと、草体が弱って来たので差し戻しをしました。



IMG_0422.jpg


600本はあろうかという有茎草と格闘。


IMG_0413.jpg


マルチボトム、アイアンボトムを追肥。

どっちを使うか悩んだので両方刺しておきました。


IMG_0433.jpg

メンテナンス終了。

リセットも考えていたりしますが、とりあえず引っ張ってみます。



ランキングに参加しています。
果たして何位でしょうか。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村



シェアしたい!と思ったら
Facebook.Twitterでシェアしてください!
60P コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://masaki74608.blog57.fc2.com/tb.php/289-13092114
Next Home  Prev

Profile

masaki

Author:masaki
リンク、コメントはお気軽にどうぞ。

雑誌アクアライフに記載して頂きました。



カメラ 

Canon EOS Kiss X5

使用レンズ

Canon EFS18mm-55mm

Canon EFS55mm-250mm

Canon 50mm f1.8

当ブログの写真を使用する際は、連絡を宜しくお願い致します。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

オンラインショップはこちら。
http://thenatureaqu.thebase.in

Latest article

Latest comment

Latest track back

Archives

Category

Counter

Search ブログ内検索

RSS Link

Aquarist blog Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。